ニュース
2016年03月14日 17時43分 UPDATE

普通のぬいぐるみを「しゃべるぬいぐるみ」に 博報堂「Pechat」

取り付けるだけで“しゃべるぬいぐるみ”になるボタン型スピーカー「Pechat」を、博報堂が開発した。

[ITmedia]

 取り付けるだけでぬいぐるみが“しゃべる”というボタン型のBluetoothスピーカー「Pechat」(ペチャット)を、博報堂の新製品開発プロジェクト「monom」が開発した。

 専用のスマートフォンアプリから話しかけた音声を、かわいらしい声に変換して再生できるスピーカー。子どもが気に入っているぬいぐるみに取り付ければ、親は“ぬいぐるみのふり”をして子どもに話しかけられる。

画像
画像

 Pechatは、直径5センチ・厚さ15ミリの黄色いボタン型スピーカー。ぬいぐるみに縫い付けたり安全ピンでとめて取り付ける。リチウムイオン充電池を内蔵し、Bluetoothでスマホと通信する。

 専用のスマホアプリに話しかければ、かわいらしい“ぬいぐるみの声”に変換してPechatのスピーカーから再生。まるでぬいぐるみがしゃべっているかのように感じさせられる。

 入力したテキストを読み上げたり、「すごーい」「大好き」などあらかじめ録音したセリフや歌を再生したり、声に反応してあいづちを打ったり、おうむ返しすることも可能。子供の泣き声を検知してスマホに知らせる機能も備えた。

 Pechatを通して、親が子どもに物語を聞かせたり、お昼寝を促すなど、さまざまな使い方ができるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -