ニュース
2016年03月14日 21時05分 UPDATE

コピペ教に入信しませんか? 

情報のコピー&ペーストを神聖な行為とするグループが、スウェーデンでは宗教団体として正式に認められている。

[大村奈都,ITmedia]

 学術論文や学生のレポートにおける、他論文やネット情報からのコピー&ペースト(コピペ)は大きな問題となっている。とかくコピペは嫌われがちだが、そのコピペを、崇高で神聖な行為と考える人たちもいる。そしてこの考え方が、正式な宗教として認められている。

 コピミズム伝道教会は、情報の共有を神聖視するコピミズムを信奉する人々「コピミスト」の集まりだ。コピミズムでは、すべての情報はコピーされ、ペーストされ、結果として共有されなければならないとする。その象徴として、Windowsのショートカットキーであるcrtl + C(コピー)とctrl + V(ペースト)を神聖視する。他のコピー&ペースト手段、たとえばMacのショートカットキーであるCommand + C、Command + Vについて、どう考えているかは明確ではない。

photo ctrl+Cとctrl+Vを描いたコピミズム伝道教会のシンボル

 コピミズム伝道教会は2010年、19歳の学生だったイーサク・イェショーンによって創設された。教会の本部はスウェーデンにあり、信教の自由を保障した同国憲法に基づき、2012年に当局によって正式な宗教団体として承認されている。

photo コピミズム伝道教会の公式ページ

 「情報は神聖、プログラムは法、コピペは秘蹟」と説くこの「宗教」は、神や超自然的な存在については言及せず、ただコミュニケーション手段としての情報の共有、情報のコピペを掲げている。その「教義」には、ファイル共有ソフトによるデータの共有も含まれているが、この点についてスウェーデン当局は、違法行為の隠れ蓑とならないように釘を刺している。

 この「コピペ宗教」に参加したくなった人もいるかもしれないが、教会の日本支部ドメインは、現在は売りに出されている。活動しているのは、スウェーデンの本部とカナダ支部ぐらいのようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -