ニュース
2016年03月15日 07時55分 UPDATE

XboxとPS4でのゲーム対戦が可能に(ソニーと開発者次第で)

Microsoftが、Xboxゲームのクロスネットワークプレイを可能にすると発表した。ゲーム開発者およびコンソールやネットワーク提供者が対応すれば、例えば「Xbox One」と「Windows 10」とソニーの「PlayStation 4」(PS4)のユーザーが対戦できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月14日(現地時間)、Xboxゲームのクロスネットワークプレイを可能にすると発表した。まずは「Xbox One」のユーザーとWindows 10で「Xbox Live」を使うユーザーが、この機能をサポートするマルチプレイヤーゲームで対戦できるようになる。

 将来的にはXbox以外のコンソールやPCネットワークを含む、異なるオンラインマルチプレイヤーネットワークで対戦できるようになるという。

 具体的な名称は挙げていないが、ソニー側が対応すれば、「PlayStation 4」(PS4)のユーザーとも対戦できるようになるということだ。

 まずは米Psyonixが人気ゲーム「ロケットリーグ(Rocket League)」による対応を発表した。今春中に、Xbox OneとWindows 10搭載PCでのマルチプレイが可能になる見込みだ。Psyonixは「他のプラットフォームについてのお知らせも“間もなく”する」としている。ロケットリーグにはPS4版もあり、既にPCとのオンライン対戦が可能になっている。

 xbox 1 まずはPS4版もある「ロケットリーグ」が対応

 Microsoftは「もちろん、クロスプラットフォームをサポートするかどうかはゲーム開発者が決めることだ。また、Xbox LiveのユーザーはXbox Live内だけで対戦するオプションを選ぶことができる」と説明する。

 この発表は、インディーズゲーム開発者プログラム「ID@Xbox」上で行われたが、ID@Xboxの責任者、クリス・カーラ氏は自身のTwitterで、クロスプラットフォーム対応はインディーズだけでなく、いかなるゲームも対応できるとツイートした。

 xbox 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -