ニュース
2016年03月17日 13時45分 UPDATE

iOS版Wazeに「ドライブ計画」機能──交通状況反映した出発時刻を通知

Google傘下のソーシャル渋滞ナビアプリWazeのiOS版に、目的地と到着希望時刻を設定するとリアルタイムの交通状況から割り出した出発時刻をプッシュ通知する「ドライブ計画」機能が追加された。Android版にも間もなく追加される見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のソーシャルナビゲーション企業Wazeは3月16日(現地時間)、iOS版ソーシャル渋滞ナビアプリ「Waze」をバージョン4.3にアップデートし、新機能「ドライブ計画」を追加したと発表した。

 ドライブ計画は、あらかじめ出発地点と目的地、到着希望時刻を入力しておくと、目的地までのルートのリアルタイムの交通状況から割り出した出発時間にアラートを表示する機能。

 目的地設定画面の「Go Now」ボタンの左に時計アイコンが表示されるようになり(下左図)、これをタップすると出発地点と到着希望時刻を入力して「Set」をタップする(下中央図)。これで、出発時間になると端末のホーム画面にプッシュ通知が表示される(下右図)。

 waze 1
 waze 2 プッシュ通知

 プッシュ通知は、例えば「出発の時間です! ○○(目的地)に予定通りに到着するために、午後2時34分までに出発してください」と10分前に表示される(表示タイミングは調整できる)。

 設定してしまえば予定を忘れていられるし、出発間際になって渋滞情報をチェックする必要もない。

 さらに、カレンダーアプリやFacebookアカウントと連係させれば、カレンダーに入力した目的地情報付き予定やFacebookのイベントに間に合うよう出発する時間も自動的に通知する。

 この機能は、Androidアプリにも間もなく追加される見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -