ニュース
2016年03月22日 08時03分 UPDATE

Appleの初ロボット「Liam」はiPhoneを解体するリサイクルプロジェクト

Appleが、自社で開発したリサイクルロボット「Liam」を披露した。年間120万台以上の不要になったiPhoneを分解し、レアメタルなどを抽出する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月21日(現地時間)、iPhoneを解体するリサイクルロボット「Liam」を発表した。同社のリサイクルプロジェクト「Renew」の一環として、自社内で開発したという。

 liam 1 Liamの全体像

 Liamは、不要になったiPhoneを解体し、部品を検出して再利用できる部品とそれ以外を分離する。バッテリーのコバルトとリチウムを、カメラから金と銅を、メインロジックボードから銀とプラチナをそれぞれ抽出する。

 liam 2 LiamはiPhoneの部品を検出して分離する

 Liamはこうした作業を自動で行い、年間120万台以上の端末を分解できるという。

 Appleは10年以上前から製品の無料リサイクルサービスを提供している。

 liam 3

 同社の環境への取り組み担当副社長、リサ・ジャクソン氏製品発表イベントで、2年前に掲げた100%再生可能エネルギー使用という同社の目標について語り、現在93%になったと説明した。米国と中国を含む23カ国では100%を達成したという(日本では未達)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -