ニュース
2016年03月23日 09時25分 UPDATE

Google、「Chromecast」アプリを「Google Cast」に改名 対応端末拡充を反映

Googleと提携するVIZIOが、メディアストリーミング技術「Google Cast」搭載のスマートTVを発表した。スマートフォンの4K動画を4Kのままストリーミングできる。これに合わせ、「Chromecast」アプリは「Google Cast」に改名された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月22日(現地時間)、Android/iOS版メディアストリーミングアプリ「Chromecast」の名称を「Google Cast」に改名すると発表した。Google PlayおよびApp Storeで今週中に“ローリングアウト”する。

 cast 1

 Chromecastアプリは、Googleの独自技術であるGoogle Castエンジンを採用するハードウェアに、スマートフォンやタブレット、PCの動画やオーディオなどのコンテンツをストリーミングするアプリ。

 同社製のハードウェア「Chromecast」だけでなく、数社のサードパーティーがGoogle Cast採用のテレビやスピーカーを開発している

 アプリの名称変更の理由は、Googe Castエンジン搭載のサードパーティー製端末が増加してきたことを反映するためとGoogleは説明する。

 Googleは同日、「Android TV(旧Google TV)で提携する米VIZIOがGoogle Castエンジン搭載のスマートTVおよびスピーカーを立ち上げたことも発表した。

 VIZIOのP-Seriesのテレビは、スマートフォンやPCにインストールしたGoogle Castアプリを使って、端末上のHuluやYouTubeの動画をボタン1つで4K Ultra HDの画質でストリーミングできる。

 cast 2 スマートフォンの動画を4Kでストリーミングできる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -