ニュース
2016年03月24日 09時49分 UPDATE

Google、競合のAWSもモニタリングできる「Google Stackdriver」公開

Googleが、サービスで複数のクラウドを利用する開発者向けに、マルチクラウド対応のモニタリングツール「Google Stackdriver」を公開した。まずは自社クラウドと競合するAmazon.comのAWSをサポートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 stack 0

 米Googleは3月23日(現地時間)、米サンフランシスコで開催のクラウド関連イベント「GCP Next 2016」において、マルチクラウドフォーム対応のモニタリングツール「Google Stackdriver」を発表した。「Google Cloud Platform」(GCP)と米Amazon.comのAWSに対応する。将来的にはプライベートクラウドにも対応する計画だ。こちらから無料トライアルを申し込める。

 stack 1

 同社は、多くの開発者が目的やコストによって複数のクラウドサービスを使い分けていることを認識しており、そうした開発者のためにStackdriverの提供を決めたという。ユーザーはダッシュボードでGCPとAWSの双方のログやエラーレポートなどをチェックできる。

 stack 2 Stackdriverのダッシュボード

 Stackdriverを利用するには、アカウントを作ってAWSと統合する設定をするだけ。後はStackdriverが双方のリソースを抽出してダッシュボードを構築する。この作業は2分で完了するとしている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -