ニュース
2016年03月28日 11時33分 UPDATE

AnimeJapan 2016:ソニー、アニメ「冴えカノ」の加藤恵をリアル再現 4K映像でおしゃべり

アニメ「冴えない彼女の育てかた」のヒロイン・加藤恵と会話を楽しめる「加藤恵Project」を、ソニーが「AnimeJapan 2016」に参考出展した。

[片渕陽平,ITmedia]

 アニメ「冴えない彼女の育てかた」のヒロイン・加藤恵と会話を楽しめる「加藤恵Project」をソニーが企画し、「AnimeJapan 2016」(3月26〜27日、東京ビッグサイト)に出展した。「加藤恵と過ごす日常の研究」と題し、4Kテレビ内のキャラクターが日常生活をサポートする実験展示となっている。

photo 4K液晶の大画面に加藤恵が登場
photo

 リモコンの音声ボタンを押し、内蔵マイクを使って「自己紹介をして」「名前を呼んで」「大好きだよ」「結婚しよう」などと質問すると、表情や身振りを変えながら、答えを返してくれる。

photo リモコンの音声ボタンを押しておしゃべり
photo 「大好きだよ」と話しかけると……

 ソニーの音声対話技術を駆使したスマートフォン向けアプリ「めざましマネージャー」を、Andrid TV向けに応用した。2Dイラストを原画のまま立体的に動かす「Live2D」を使用し、4K液晶の大画面に加藤恵が現れる仕組みだ。原作のイラストレーター、深崎暮人さんが作画を担当し、通常のアニメのような“のっぺり感”を軽減した。

photo 原作のイラストレーター、深崎暮人さんが作画を担当
photo 拡大しても映像は鮮明

 声優・安野希世乃さんの声を新たに録り下ろし。時刻を設定しておくと、アプリが勝手に起動する「目覚まし」のほか、天気予報や占いの結果を教えてくれる機能も用意。現状、アプリ「めざましマネージャー」への実装は正式に予定していないが、「いずれは『BRAVIA』などの液晶テレビにプリインストールできれば」(担当者)という。

photo 天気予報
photo 占いの結果も教えてくれる

 そのほか、会場のブースでは、小型のピコプロジェクターを使い、画面の枠から飛び出す立体的な映像や、表情が豊かに変化するプロジェクションマッピングも公開した。同社のRDSプラットフォーム 未来創出室の大畑浩司プロデューサーは、「ただ技術を見せるだけでなく、人気のキャラクターと組み合わせ、ファンに体感してもらうと同時に、映像関係者やコンテンツ制作者にも訴求していきたい」という。

photo 画面から飛び出す立体的な映像
photo 表情が豊かなプロジェクションマッピングも

 開発を手掛ける同社のUX・マーケティング本部、倉田宣典さんは、「加藤恵というキャラクターを自分が好きな以上、自分たちを含むファンを裏切るわけにはいかない」と話す。「仕事なのは当然だが、『仕事にしない』と感じるほどに開発チームで楽しみながら、作り込んだ」(倉田さん)。

photo ブースには等身大のフィギュアも展示

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -