ニュース
2016年03月30日 09時59分 UPDATE

Twitter、画像に音声キャプション追加機能 サードパーティーアプリでも読み上げ可能

Twitterが、視力の弱いユーザーでも画像の内容を把握できるように、画像の説明書き機能を追加した。読み上げソフトを有効にしていれば、画像の説明を音声で再生できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは3月29日(現地時間)、ツイートに添付する画像に音声読み上げ可能な説明を追加できるようにしたと発表した。iOSおよびAndroid版公式アプリで、同日から“ローリングアウト”していく。視力の弱いユーザーに画像の内容を伝えるのが目的だ。

 画像に説明を追加するには、[設定]画面に追加される[アクセシビリティ]の[画像の説明を追加]をオンにする。これでツイートに画像を添付しようとすると、画像上に「説明を追加」ボタンが表示されるようになる。入力できるテキストの文字数は420文字まで。

 caption 1 画像の説明書き機能

 画像に追加された説明は、音声読み上げソフトを使っているユーザーのみ利用可能だ。例えばAndroidであれば、[設定]→[言語と入力]→[テキスト読み上げの出力]で何らかの読み上げアプリを有効にしていれば読み上げ可能だ。

 読み上げは、Twitter.comおよびモバイル公式アプリだけでなく、サードパーティー製クライアントでも可能。立ち上げ段階で、「EasyChirp」「Chiken Nugget」「The Qube」が対応している。アプリを読み上げ機能に対応させるための説明はこちらの公式ブログを参照されたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -