ニュース
2016年03月30日 11時20分 UPDATE

GoogleのWazeにスピード違反警告機能

リアルタイムの交通情報を反映したナビ機能を提供するGoogleのモバイルアプリWazeに、走行中の道路の制限速度をオーバーすると警告する機能が追加された。日本での提供はまだだが、段階的に提供範囲を拡大していく計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のソーシャルナビゲーション企業Wazeは3月29日(現地時間)、Wazeアプリに制限速度を超えた場合に警告を表示する機能を追加したと発表した。まずは欧州や南米など一部の地域でスタートし、提供地域を拡大していく計画だ(日本はまだ)。

 この機能が使えるようになると、ナビ画面の左下に表示されるリアルタイムの走行スピードメーターで、走行中の道路で設定されている制限速度をオーバーすると表示スピードが赤くなり、さらに制限速度を知らせるアイコンがポップアップする。警告音を追加することも可能だ。

 waze 1

 スピードメーターの表示は設定で変更できる。スピードメーター自体をオフにすることもできるし、制限速度を超えたらすぐに警告するのか、制限速度を5%あるいは15%超えた段階で警告するのかを設定できる。

 waze 2 スピードメーターの設定画面

 この機能を可能にしたのは、世界中でWaze Mapの編集に協力してくれている36万人以上のユーザーのおかげであると、Wazeは感謝の言葉を述べた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -