ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年03月31日 13時34分 UPDATE

「Oculus Rift」をiFixitが解剖 イヤピースとフェイスパッドは交換可能

VR HMD「Oculus Rift」をiFixitが分解した。修理しやすさは10点満点中7点だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 PCやモバイル製品の修理を手掛ける米iFixitは3月30日(現地時間)、米Facebook傘下の米Oculus VRが28日に出荷を始めた「Oculus Rift」製品版さっそく入手し、解剖リポートを公開した。

 ifixit 1

 同社は2014年に開発者向けに提供された「Oculus Rift DK2」も解剖しており、製品版はケーブルの取り回しや装着感が大きく改善されていると高く評価した。

 マザーボードには、東芝製の4K HDMIからMIP Dual-DSIへのコンバータチップ、CypressのUSBのハブコントローラ、ST Microelectronics製ARM Cortex-M0 RISCコアマイクロコントローラなどが並んでいる。

 ifixit 2 Oculusのロゴが印刷されたマザーボード

 また、調整可能なヘッドストラップと、レンズ、ディスプレイ、マザーボードの取り外しは難しいが、スピーカーのイヤピースとフェイスパッドは簡単に交換できるので、「修理しやすさ」を10点満点の7点とした。(DK2は9点だった。)

 ifixit 3 解剖結果

 長さを調整できるストラップの仕組みが分かる動画も掲載されたレポートはこちら。解剖結果は3Dメガネで立体視できるバージョンもある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.