ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年04月05日 16時08分 UPDATE

ヘイSiri、プロ野球のこと教えてくれるんだって?

やっと大リーグじゃなくて日本の話をしてくれるようになった。

[松尾公也,ITmedia]

 Appleの音声エージェントSiriは着実に進化しているが、カバーしている領域は国単位で異なる。例えば野球についてSiriは答えてくれるのだが、それは米国のメジャーリーグ、MLBについてだけ。ジャイアンツの試合結果をSiriに聞いても、サンフランシスコ・ジャイアンツがブリュワーズに大勝したとかいうものだ。

 だが今は違う。大リーグの開幕に合わせ、対象リーグが大幅に拡大。日本のプロ野球の情報も網羅され、試合や選手の記録などについても答えてくれるようになった。米国のテクノロジーメディアThe Vergeによれば、マイナーリーグを含め、28のリーグをカバーするようになったという

 Siriでは質問例が「こんな風に話しかけてください」と表示されているが、その中に「ジャイアンツの登録選手を見せて」「ジャイアンツの昨日の結果は?」が追加されている。

photo 「ジャイアンツの登録選手を見せて」が追加
photo 「読売ジャイアンツの登録選手を見せて」へのSiriの回答

 試合結果や投手の防御率などについても答えてくれる。

photo 「ジャイアンツの次の試合を教えて」
photo 「日本シリーズの優勝チーム」
photo 「プロ野球の試合日程を教えて」
photo 「プロ野球で一番防御率が低いのは?」

 「ジャイアンツ」が読売ジャイアンツを意味するようになったために不便を感じるであろうMLBファンにも対応策がある。

photo 「サンフランシスコ」を「ジャイアンツ」の前につければよいのだ

 「巨人の星を教えて」という質問にはWikipediaが表示されたので「ジャイアンツの星を教えて」と聞いたら、プロ野球のデータを参照した答えが返ってきた。

photo 「ジャイアンツの星」は実在した

 巨人の星ならぬジャイアンツの星は実在し、戦績も残っている。ただし、ピッチャーではなくて捕手だったけども。

 三冠王を「さんかんむりおう」と呼ばれたり、チームロゴや選手写真が揃っていなかったりはするが、いろいろと遊べそうなのでプロ野球ファンがSiriとキャッチボールしてあげれば、野球観戦のよい参謀になるのではないだろうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング