ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月06日 09時51分 UPDATE

Facebook傘下のWhatsApp、完全暗号化を完了 「政府もわれわれも解除できない」

Facebook傘下のWhatsAppが、10億人以上が使うメッセージングアプリのメッセージングや添付ファイルのすべてをエンドツーエンドで暗号化したと発表した。政府も、ハッカーも、WhatsApp自身もこの暗号を解除することはできないとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のWhatsAppは4月5日(現地時間)、メッセージングアプリ「WhatsApp Messenger」でのやりとりをエンドツーエンドで暗号化したと発表した。メッセージ、写真、動画、ファイル、音声メッセージのすべてが暗号化され、WhatsApp自身も解読できないとしている。

 whatsapp 1

 この機能は、最新のWhatsAppアプリをインストールしている10億人以上のユーザーが、特に設定することなく利用できる。

 米Open Whisper Systemsの暗号鍵技術「Signal Protocol」を採用した強力な暗号化で、ハッカーや悪意のある国家、WhatsApp自身も解読できないという。この技術についてのホワイトペーパーはこちらからダウンロードできる。

 whatsapp 2 ジャン・コウムCEO

 同社の創業者でFacebookの取締役も務めるジャン・コウムCEOは、旧ソビエト連邦から移民してきた家族の出身。同氏は公式ブログで「人々のプライベートな会話を守ることは、WhatsAppのコアな信念の1つであり、ソビエト連邦で育った私個人の信念でもある。私の家族が米国に移民した理由の1つは、共産党が独裁し、国民が自由に会話ができなかったソビエトから脱出することだった」と語った。

 同社は「暗号化は政府、企業、個人にとって最も重要なツールの1つだ。(中略)法執行機関が国民の安全を守るのが重要な事は認めるが、暗号化を弱体化させることは、人々の情報をサイバー犯罪者、ハッカー、悪意のある国家からの攻撃に晒すことにつながる」と、最近の米Apple対FBIのiPhoneロック解除をめぐる対立に間接的に触れた。

 FacebookはAppleの暗号化に対する姿勢に支持を表明している。

 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは同日、自身のFacebook投稿で「WhatsAppコミュニティにとって重要な一歩だ。最新版アプリのユーザーのすべての会話と通話は暗号化され、ユーザーの情報は安全に保たれる」とコウム氏を支持した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.