ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年04月07日 11時16分 UPDATE

Continuum機能がアダプターなしで利用可能に(Windows 10最新プレビューで)

Windows 10マシンがあれば、NuAns NEOなどのContinuumがMiracastアダプターなしで使えるようになるかもしれない。

[松尾公也,ITmedia]

 米MicrosoftはWindows 10 Insider Previewの最新ビルド「Build 14316」をFast Ring向けに公開し、その中で、Miracastのサポートを「Connect」アプリに実装した。これにより、Continuumを利用可能なWindows 10 Mobile端末は、Miracastアダプターやドックを経由せずにWindows 10搭載マシンのディスプレイに表示できるようになる。

photo Connectアプリ内でContinuum表示されている

 執筆時点でMiracastを使ったContinuumが利用可能なWindows 10 Mobile端末はNuAns NEOのみだが、4月22日に発売予定のVAIO Phone Bizも同様の機能を備える。両機種とも、ActiontecのScreenBeam Mini2というMiracastアダプターを推奨している。

 5GHz帯で接続しないとパフォーマンス的に厳しいものがあるので、Windows 10 Insider Previewでの接続に際しても同様の制限はあるものと考えられるが、Windows 10マシンさえあれば、1万円近くの出費なしで利用できるのはメリットと言えるかもしれない。

photo 現在のNuAns NEOのContinuumにはHDMIポートに接続するMiracastアダプターとUSBでの電源供給が必要

 ただし、フル機能のWindows 10マシンがあるのに、わざわざContinuumで、まだ数少ない対応アプリだけを使うことに意味はあるのかという問題は残る。

 このMiracastはContinuumだけで使えるわけではなく、Miracast機能を持った別のWindows PCからワイヤレスで表示させることも可能になる。こちらのメリットのほうが明確かもしれない。

 なお、ConnectアプリではUSB接続も可能だという記述があるが、Microsoftによればこれはバグで、現時点ではワイヤレス接続のみ可能だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -