ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月08日 13時08分 UPDATE

Microsoft EdgeもFlashを一時停止へ 今夏のアップデートで

MicrosoftのWindows 10のWebブラウザ「Edge」が、AppleのSafariやGoogleのChromeと同様にFlashコンテンツを初期設定で再生しないようになる。今夏の「Anniversary Update」で実施の予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月7日(現地時間)、今夏予定しているWindows 10のアップデート「Anniversary Update」で、Webブラウザ「Microsoft Edge」でFlash動画の自動再生をブロックすると発表した。前日リリースしたFast Ring向けプレビュー(ビルド14316)では既にこの機能が有効になっている。

 Edgeで開くWebページ内にFlashコンテンツがあると停止状態で表示され、ユーザーが自主的にクリック(タップ)しないと再生されないようになる。

 Microsoftは公式ブログで「モダンブラウザでは、Microsoft、Adobe、Google、Apple、Mozillaなどが開拓してきたWeb標準によってFlashなしでもリッチコンテンツやアニメーションを提供できる」とし、HTML5の方がFlashよりも高速で安全だとも説明した。

 米AppleのSafariや米GoogleのChromeブラウザは既に初期設定でWebページ上のFlashコンテンツを再生しないようになっている。米Amazon.comはFlash広告を掲載しなくなっており、米Facebookはサービス上の動画プレーヤーをFlashからHTML5に移行済みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.