ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月12日 11時48分 UPDATE

“後からピント合わせ”のLytro、グリーンスクリーン不要のプロ向けビデオカメラ「Lytro Cinema」

独自の撮影技術「Light Field」を持つLytro Techが、CG合成などのVFXを簡易化できる高性能ビデオカメラ「Lytro Cinema」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 撮影した後に写真のピントを好きな位置に合わせられるカメラを手掛ける米Lytro Techは4月11日(現地時間)、映画・テレビ業界向けの高性能ビデオカメラ「Lytro Cinema」を発表した。

 lytro 1

 Lytroはこのカメラを、同社の独自技術「Light Field」により、撮影した動画のVFX編集を飛躍的に簡単にできる「究極のクリエイティブツール」としている。Light Fieldは、カメラの多数のマイクロレンズアレイを通過した光の方向をレンズごとに記録する技術。これにより、後から映像内の任意のオブジェクトを抜き出したり、ピントの位置を変えることができる。

 つまり、これまでグリーンスクリーンでの撮影が必要だったクロマキーが、背景を気にせずに撮影できるようになる。

 lytro 2
 lytro 3
 lytro 4
 lytro 5 撮影した動画から人物だけ抜き出し、別の背景と重ねることがLytroのシステムで可能

 記事末に転載したデモ動画では、クロマキーの他、CGとの自然な合成や部分的なブラー効果の追加などが紹介されている。

 カメラの撮像素子は7億5500万ピクセル。Lytroを取材したMIT Technology Reviewによると、Lytro Cinemaには60台の4Kカメラが搭載されており、サイズはバスタブくらいあるという。編集したデータは、IMAX、RealD、Dolby Vision、ACES、HFRなどにレンダリングできる。

 lytro 6 Lytro Cinema本体(画面左)

 Lytroはカメラだけでなく、データを保存し、編集するためのサーバやアプリなどをまとめてレンタルするサービスを、第3四半期(7〜9月期)に開始する計画だ。料金は週当たり12万5000ドルになる見込み。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.