ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月14日 15時06分 UPDATE

Facebook、60GHz帯利用の高速ネットワーク「Terragraph」をまずサンノゼでテストへ

「世界中をつなげる」ことを目指すFacebookが、人口密集地域用「Terragraph」と過疎地域用「ARIES」という2つの高速ネットワークプロジェクトを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月13日(現地時間)、年次開発者会議「F8 2016」で、ネットワーク関連の研究部門Connectivity Labが取り組んでいる2つのネットワークプロジェクト「Terragraph」と「ARIES(Antenna Radio Integration for Efficiency in Spectrum)」を発表した。

 Facebookは自社の目標として「世界中の人々をつなげること」を掲げており、接続環境がない新興国市場などにインターネット環境を届けるためにドローンを使う「Project Aquila」を展開している。今回発表した2つのプロジェクトは、いずれも地上に設置するアンテナを利用するものだ。

 Terragraphは人口密集地域での、「ARIES」はまだ4Gが届いていないような過疎地域での高速インターネット接続提供を目指す取り組み。

 Terragraphは、60GHz帯を使うマルチノード無線システム。街灯などの既存の建造物にノードアンテナを設置することで、ギガビットネットワークを低コストで実現するとしている。

 terra 1 Terragraphの概念図

 周波数が高いと障害物で電波が減衰しやすいので、200〜250メートル間隔でノードアンテナを設置する。

 terra 2 Terragraphのノード

 Facebookは現在、メンロパークにある本社キャンパス内でTerragraphをテストしており、カリフォルニア州サンノゼでのテストを準備中という。

 ARIESは、96ものアンテナを放射状に搭載するMIMO形式のシステム(Facebookは「Massive MIMO」と呼ぶ)で4G回線を提供する取り組み。このシステムでは、従来より10倍広い範囲をサポートし、1度に24台の端末が接続できるという。

 terra 3 ARIESのアンテナ(プロトタイプ)

 詳細はこちらの発表文を参照されたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.