ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月14日 16時28分 UPDATE

Facebook、著作権侵害動画対策ツール「Rights Manager」提供開始

動画に注力するFacebookが、ニュースフィードでの「フリーブーティング」から著作権者を守る「Rights Manager」の提供を開始した。この問題については、2015年夏に人気YouTuberが改善を求めていた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月12日(現地時間)、動画クリエイター向けに、Facebook上での「フリーブーティング」から自分の作品を保護するためのツール「Rights Manager」の提供を開始した。こちらからエントリーできる。

 rights 1 Right Manager

 フリーブーティング(freebooting)とは、著作権のある動画を権利保有者に無断で投稿すること。米Googleの動画サービスYouTubeの人気動画をFacebookのニュースフィード上に投稿して人気を集めるユーザーが増加し、問題になっていた

 Facebookは2015年8月、人気YouTuberからの問題提起を受け、ツールのβテストを始め、このほど正式版として公開した。

 自分の動画作品をRights Managerに登録すると、ツールがニュースフィード上でフリーブーティングの疑いのある投稿を検出して通知してくる。

 rights 2 Right Managerのダッシュボード

 ユーザーは動画ごとに二次使用の許可範囲を設定できる。また、流用を許可する相手のホワイトリストを作成することも可能だ。

 ツールからの通知に基いてフリーブーティングだと判断した場合は、所定のフォームでFacebookに対し、著作権侵害レポートを送る。このツールを使うには、Facebookのアカウントが必要だ。

 rights 3 無断投稿の疑いのある動画が通知され、再生して判断できる

 この機能は「ライブ動画」もチェックする。もしユーザーがライブ動画として配信中の動画にフリーブーティングの疑いがあれば、Facebookが介入してその場で停止させるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.