ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年04月15日 05時17分 UPDATE

熊本県で最大震度7の地震──災害情報まとめ(順次更新)

政府は非常災害対策本部を設置。Twitterなどで情報を提供している。

[ITmedia]

 4月15日午後9時26分、熊本県を中心に九州全域で最大震度7の大きな地震が発生、建物の倒壊などの被害が出ている。政府は非常災害対策本部を設置した。NHKニュースによると、9人の死亡が熊本県警から発表された。

 首相官邸では「21時26分頃、熊本県熊本地方において、深さ10キロメートル、マグニチュード6.4、最大震度7強の地震が発生」「益城町を中心に倒壊家屋19軒、負傷者12名など」を報告している。その後、地震情報を受けてインターネットでの同時放送を開始したNHKニュースでは、熊本県警が9人の死亡を発表したと伝えている(午前6時半現在)。

 この地震での津波の心配はなく、鹿児島県の川内原子力発電所、佐賀県の玄海原子力発電所に異常は見られていないという。

photo 気象庁の地震情報

 道路にも被害が出ている。トヨタ自動車は被災地付近で車両が通行できた道を示す地図「通れた道マップ」を公開。熊本県警はWebサイトで交通規制情報を公開している。

 安否確認サービスの運用も始まっている。携帯3社は災害伝言板を公開。Googleは、安否情報を登録・検索ができる「パーソンファインダー」を、Facebookは友人に安否を知らせることができる「災害時情報センター」を開設した

 首相官邸では政府非常災害対策本部特設ページを設置、首相官邸(災害・危機管理情報)@Kantei_saigai、内閣府防災@CAO_BOUSAIでTwitterによる発信も行っている。

photo 政府の非常災害対策本部特設ページ
photo NHKニュースはインターネットでも同時放送

 その後も最大震度6などの大きな揺れが続いているため、引き続き注意が必要だという。

 NHK以外では、テレビ朝日がAbemaTVのAbemaNewsでTBS News-iがYouTubeライブチャンネルで、映像ニュースをライブ配信している。

 主要メディアなどのTwitterでの発信はこちらからアクセスできる

 募金の受け付けもスタートした。ヤフーは「Yahoo!基金」で被災地への寄付を募っている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.