ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年04月15日 06時45分 UPDATE

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版、草薙素子の画像が初公開 主な配役も発表

ハリウッド版「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」の撮影が始まったとして、Paramount PicturesとDreamWorks Picturesがスカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を公開した。荒巻課長(北野武)以外の主な配役も発表された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Paramount Picturesと米DreamWorks Picturesは4月14日(現地時間)、「攻殻機動隊」の実写版「GHOST IN THE SHELL」の撮影を開始したと発表し、スカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を初めて公開した。

 ghost 1 スカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子。髪型は似ている

 スカーレット・ヨハンソンは「アベンジャー」シリーズのブラック・ウィドウ役や「LUCY/ルーシー」のルーシー役など、SFアクションの出演も多い。

 発表済みの配役は以下の通り。

  • 荒巻大輔:北野武
  • バトー:ピルウ・アスベック
  • クゼ・ヒデオ:マイケル・ピット
  • オーレット博士(?):ジュリエット・ビノシュ

 この他、役は不明だが、桃井かおり、泉原豊(9課のメンバー)も出演する。

 クゼ・ヒデオが登場するということは、「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」をベースにしたストーリーになるのかもしれない。

 ghost 2 アニメ版の草薙素子

 「攻殻機動隊」は、1989年に出版された士郎正宗のSFマンガ。DreamWorksは2008年に映画化権を獲得した。同社は2004年、押井守監督映画「攻殻機動隊イノセンス」の米国での配給を手掛けている。

 監督は「スノーホワイト」のルパート・サンダース。製作にはProduction I.Gの石川光久社長と「鉄拳」実写版の藤村哲也氏も名を連ねている。

 ニュージーランドのウェリントンで撮影が開始されており、米国での封切りは2017年3月31日の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.