ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月19日 12時14分 UPDATE

肌に貼れる有機ELディスプレイ、東大が開発 脈拍数など表示

顔や手の甲に貼り付け、脈拍数などを表示できる有機ELディスプレイを、東京大学の研究チームが開発した。

[ITmedia]

 顔や手の甲に貼り付け、文字や画像を映し出せる高分子有機EL(PLED)ディスプレイを、東京大学の染谷隆夫教授らの研究グループが開発した。センサーと接続し、脈拍数や血液中の酸素濃度なども表示できる。

photo

 アクリル製のテープとシリコンラバーを使用し、厚さは約3マイクロメートルと人間の皮膚の1割以下程度。伸縮性に優れるため、肌の曲面にフィットし、貼っていることに気付かないほど違和感なく装着できるという。

 成果は、科学誌「Science Advances」電子版に15日付で掲載された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.