ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年04月25日 13時27分 UPDATE

顧客データ保存めぐる対立で:Appleの電気自動車事業からBMWとDaimlerが撤退?

Appleは、「Project Titan」で進める自動運転機能付き電気自動車開発プロジェクトでBMWおよびDaimlerと交渉していたが、プロジェクトの主導権と顧客データ収集をめぐって対立し、決裂したと独メディアが報じた。Appleはカナダの自動車OEM企業Magnaと交渉中という。

[ITmedia]

 米Appleが密かに推進中とうわさの自動運転機能を搭載する電気自動車開発プロジェクトで交渉していた独BMWと独Daimlerがプロジェクトから撤退したと、独メディアのHandelsblattが4月22日(現地時間)、複数の情報筋の話として報じた

 Appleが「Project Titan」というプロジェクト名で電気自動車を開発しているといううわさは2015年2月ごろから浮上しており、同社がBMWの電気自動車「BMW i3」をベースにApple Carを開発すべく、パートナーシップ締結に向けて協議しているとみられていた。

 bmw BMW i3(BMW Japan公式サイトより)

 Handelsblattによると、AppleとBMWはプロジェクトの主導権をめぐり、また、Appleが顧客データをクラウドストレージサービス「iCloud」に保存すると主張したことで協議が決裂したという。Daimlerとの破談は、ごく最近のことという。

 Appleは現在、カナダに本拠を置くグローバル自動車サプライヤー、Magna Internationalと新たに交渉中という。Magnaは主に自動車の車両開発および受託生産を行う企業。世界29カ国に305の生産拠点を持ち、約14万人の従業員を擁する。BMW、Daimlerの他、日本のホンダやトヨタ、米電気自動車のTeslaなどが顧客になっている。

 magna Magna International

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング