ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年04月26日 11時55分 UPDATE

次期「Apple Watch」は携帯電話ネットワーク対応?

次世代のApple Watchは携帯電話ネットワークをサポートするとWall Street Journalが情報筋の話として報じた。そうなれば、iPhoneと接続せずにメールやメッセージを送受信したり、Apple Musicをストリーミングできるようになる。

[ITmedia]

 米Appleの「Apple Watch」の次世代モデルは携帯電話ネットワークをサポートし、プロセッサも速くなる──。米Wall Street Journalは4月25日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話としてそう報じた。

 この記事のテーマはApple Watch発売1周年に当たって同端末の今後を分析するもので、ネットワークとプロセッサについてはこれ以上は触れていない。

 携帯電話ネットワークをサポートするようになれば、iPhoneとBluetoothで接続せずに直接メッセージやメールのプッシュ通知を受けたり、通話したり、Apple Musicのストリーミングを再生したりが可能になる。

 watch 1 現在はiPhoneと接続しないとメールやメッセージのプッシュ通知を受けられない

 例えばiPhoneを持たずにランニングやウォーキングを楽しめるようになる。

 watch 2 エクササイズが身軽にできる

 Appleは4月22日、Apple Watchアプリの開発者に対し、6月1日以降にApp Storeに登録するwatchOSアプリはネイティブアプリである必要があると告知した。ネイティブアプリとは、iPhoneと接続せずに独立して使えるアプリのことだ。これも、携帯電話ネットワークサポートを裏付けていると言えそうだ。

 次世代Apple Watchの発売時期については、6月といううわさと今秋といううわさがある。いずれにしても6月13日から開催のWWDCで何らかの発表があるだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.