ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年04月28日 16時00分 UPDATE

「LINE」ユーザー伸び悩み続く 業績は堅調 1〜3月期

LINEのグローバルのMAUは伸び悩みが続いている。1〜3月期の業績は堅調だ。

[ITmedia]

 LINEが4月28日に開示した、2016年1〜3月期の連結業績(IFRS、監査未完了)によると、3月の月間アクティブユーザー数(MAU)は約2億1840万人と、前年同期比7%増にとどまった。

 グローバルでは伸び悩みが続いているが、日本、タイ、台湾、インドネシアの「主要4カ国」だけで見ると前年同期比23%増の約1億5160万人。特にインドネシアで拡大しているという。

画像

 1〜3月期の営業収益は前年同期比21%増の341億円と堅調に推移。営業収益に占めるサービス別の割合は、広告35%、ゲームや漫画など「コンテンツ」35%、スタンプや着せかえなど「コミュニケーション」22%――と、収益構造のバランスは良くなっている。

 日本では「LINE NEWS」の広告メニューや、タイムライン上での広告配信が好評という。日本で展開しているライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」は昨年12月から3カ月間の累計視聴者数が1億人を突破したほか、タイと台湾で展開している「LINE TV」も順調に視聴者数を伸ばし、収益化も進んでいるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.