ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年05月08日 08時29分 UPDATE

VR HMDに最適なPascal世代グラフィックスカード「GTX1080/1070」がNVIDIAから

現行ハイエンドより安くて速い、Pascal世代の新しき王が誕生。Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD向けPCに最適だ。

[松尾公也,ITmedia]

 グラフィックスエンジン専業メーカーの米NVIDIAは米国時間の5月6日、GPU性能を2倍以上に引き上げた新世代アーキテクチャ「Pascal」を採用したコンシューマー向けGPUカード2種類を発表した。

photo Pascal世代初のGPUカード「GTX1080」

 ハイエンドの「GeForce GTX1080(テンエイティー)」とそのローコストモデル「GeForce GTX1070(テンセブンティー)」はともに現行のハイエンドモデルである「GTX TITAN X」よりも高速だとNVIDIAのジェンスン・ファンCEOは説明している。

photo ファンCEOが「新しき王」と紹介した1080

 ファンCEOによれば、GTX1080は、Maxwellアーキテクチャ世代のハイエンドであるTITAN Xと比較してVRゲーミングの相対性能で2倍、消費電力効率では3倍で、価格は599ドル。TITAN Xは999ドルなのでコストパフォーマンスも非常に高い。5月27日発売で、オーバークロック向けモデルのFounders Editionも699ドルで発売される。

 いずれも9TFLOPSのGPU性能で8GBのGDDR5Xメモリを備える。CUDAコアは2560個、ベースクロック1607MHz、ブーストクロック1733MHz。推奨システム電源容量は500W(1080は180W使用する)。

photo GTX1080は5月27日発売

 GTX1070は379ドルとさらに低価格で、449ドルのFounders Editionも用意。GPU性能は6.5TFLOPS、8GBのG5メモリ。発売はちょっと遅れて6月10日だ。

photo GTX1070は6月10日発売、379ドル

 VR HMDのOculus RiftとHTC Vive(SteamVR)はいずれも推奨GPUをGTX970以上としているが、1080/1070ともにこれらを軽々とクリアするVR Readyで、SLIで2枚差しにすることもなくハイエンドの性能を達成できそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.