ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年05月09日 16時42分 UPDATE

どの方向からでも画像が自分に向いているように見えるディスプレイ、産総研が開発

360度どの方向から見ても画像が自分の方を向いているように見える表示技術を産総研が開発した。

[ITmedia]

 産業技術総合研究所は5月9日、360度どの方向から見ても画像が自分の方を向いているように見えるディスプレイを開発したと発表した。複数人が同時に異なる角度から見ても、常に正面が表示されるという。駅の案内表示などに応用できるとし、2年以内の実用化を目指す。

 特殊なレンズ構造を使った独自の表示技術(特許出願中)を用いたディスプレイ。動力も利用しないという。

 円柱状の柱に画像を表示すると、あたかも柱の内部の平面に見ている方向を正面とした表示面があるように見えるという。複数人が同時に異なる角度から見たり、歩きながら見た場合でも常に正面が表示されるという。

 プロトタイプとして、直径8ミリ・長さ8センチの円柱形ディスプレイを開発し、YouTubeで映像を公開した。映像では、ディスプレイに書かれた「産総研」という文字が、ディスプレイを回転させても位置を変えることなく表示され続ける。


画像

画像 赤の人には赤い面が、青の人には青い面があたかも柱の中に設置されているかのように見える

 同技術を適用したディスプレイは、見にくい角度や死角もなく、表示装置のサイズには制限がほとんどないという。空港や駅などの公共交通機関の案内表示や、ファミリーレストランやパチンコ店の看板、文房具や玩具などにも応用できるとしている。

 2年以内の実用化を目指すとともに、国や自治体、民間企業と連携して技術移転を進める。動画用ディスプレイも試作を進めており、2020年には公共スペースや展示会、商業施設などでの業務用として、2030年までには民生用として家庭でも楽しめるよう実用化を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.