ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月10日 16時30分 UPDATE

LINEやFacebookでユーザーと対話「人工知能ボットAPI」 ユーザーローカルが無償提供

LINEなどのユーザーと自動対話するチャットbotを開発できる「人工知能ボットAPI」を、ユーザーローカルが発表。先着3000人に無償提供する。

[ITmedia]
photo 人工知能が自然な受け答えを返信する機能「全自動会話エンジン」

 ユーザーローカルは5月10日、LINEなどのユーザーと自動対話するチャットbotを開発できる「人工知能ボットAPI」を発表した。対応するサービスはLINE、Facebook Messenger、Twitter、Slackの4種類。同日から開発者向けに事前登録を始め、先着3000人に無償で提供する。

 ユーザーのメッセージを単語に分割し、人工知能が自然な受け答えを返信する機能「全自動会話エンジン」を用意。過去のツイートのログ、Instagramのハッシュタグ、ニュース記事やブログなど数十億件のテキストデータで機械学習し、自然言語による高度な会話を実現したという。一問一答形式の単純な返答だけでなく、過去の対話内容に合わせたテーマで会話をさせることも可能だ。

 「○○だワン」「○○ですニャ」といった語尾、ロボット風や執事風の言い回しにメッセージを変換する「キャラクター会話API」のほか、会話中の名前から性別の自動推定や、姓・名を切り分けを行う「氏名自動識別API」も提供する。

 SNS向けのサービスに限らず、オンラインゲーム内のキャラクターやロボット開発にも活用できるという。

photo キャラクター会話API
photo 氏名自動識別API

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.