ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年05月11日 09時03分 UPDATE

ソニーのHMD「PS VR」は「ユーザーに暗く閉じこもってほしくない」 みんなで遊べる機能を実装 (1/2)

「PlayStation VR」はどんな思想で開発しているのか――SIEの吉田修平氏が語った。

[岡田有花,ITmedia]

 PlayStation 4とつないで楽しむVR HMD「PlayStation VR」(PS VR)は、どんな思想で開発しているのか――5月10日に都内で開かれた「Japan VR Summit」で、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ワールドワイド・スタジオプレジデントの吉田修平氏が語った。

画像 PlayStation VR

「買って帰ったらすぐ遊べる」

 VR HMD市場では、「Oculus Rift」や「HTC Vive」がすでに発売されている。これらを動かすには、ハイスペックなゲーミングPCと、PCに関するある程度の知識が必要だ。

 その点、PS VRは「技術に詳しくない方でも、買って帰ってPS4につなげばすぐ使える。複雑な設定なく誰でも簡単にVRが楽しめることをすごく大切に考えて作っている」という。

 PCと接続するHMDの場合、ユーザーのハードスペックはまちまちで、HMDの性能もアップデートによって変わることがある。PS VRはすべてのユーザーが同じスペックのハードを持っているため、コンテンツの開発もやりやすいという。

 「ユーザーがすべて同じハードを持ち、開発者も同じハードで開発できる。事前にユーザー体験を確認してからリリースできるという良さがある」。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.