ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月12日 06時21分 UPDATE

Microsoft、iOS/Android向けカレンダーアプリ「Sunrise」を8月末終了へ

Microsoftは、2015年2月に買収したSunriseのモバイルカレンダーアプリ「Sunrise」の提供とサポートを8月31日に終了する。Sunriseのチームはモバイル版Outlookの強化に専念する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月11日(現地時間)、2015年2月に買収したSunriseのiOS/Android向けカレンダーアプリ「Sunrise」の提供を8月31日に終了すると発表した。

 Sunriseのチームは買収後、Sunriseの提供と同時にモバイル版Outlookへの機能追加に従事してきたが、今後はOutlookに専念する。

 sunrise 1 もうすぐお別れを言う時です

 Sunriseのチームは公式ブログで、「われわれは人々の生活を快適にし、ストレスを軽減することに情熱を傾けている。Outlookのチームに参加することは、より大きなスケールでこの目標に向かうことだ。だが、そのためにはSunriseを満足にサポートし続けることは難しくなる」と説明し、提供を終了する決断をしたという。

 Sunriseは向こう数日中にGoogle PlayおよびApp Storeから削除され、8月31日にはインストール済みのアプリも稼働しなくなる。

 sunrise 2 Google Playでの評価は4.2と高い

SunriseはMicrosoftアカウントやGoogleアカウントなどでログインして使うアプリなので、他のアプリへの移行でデータをエクスポートする作業などは必要ない。

 Microsoftは昨年10月、Sunriseのすべての機能のOutlookへの統合が完了したら、Sunriseの提供を終了すると予告していた。

 Microsoftは、2014年に買収したAcompliのアプリも、自社アプリに技術を統合した後に提供を終了した。

 同社はSunriseやAcompliの他に、WunderlistInviteSwiftKeyなどのアプリ企業を自社サービスのマルチプラットフォーム化を目的に買収している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.