ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月18日 12時38分 UPDATE

描いた絵が動きだす デジタルお絵かきボード「おえかきアーティスト」

描いた絵を動かしたり、パラパラ漫画にできるデジタルお絵かきボード「おえかきアーティスト」が登場。

[ITmedia]

 バンダイ子会社のメガハウスは5月18日、描いた絵を動かしたり、パラパラ漫画にできるデジタルお絵かきボード「おえかきアーティスト」を7月上旬に発売すると発表した。2万1600円(税込)。

画像
画像
画像

 液晶ディスプレイ(9インチ)に付属のタッチペンで絵を描くおえかきボード。導線に添って描いた絵を動かしたり、パラパラ漫画にしたり、描いた手順を録画し、描き始めから再生する――などが可能だ。

 カメラを内蔵しており、撮影した写真に落書きしたり、写真を薄く表示してトレースして描くこともできる。

 色は96色あり、使う色ごとに音が流れる。ペンはえんぴつや筆ペンなど4種類、太さは3種類から選べる。

 内蔵メモリに絵を150枚保存でき、別売りのmicroSDカードに保存して持ち出すことも可能だ。

 本体サイズは352(幅)×25(厚さ)×262(高さ)ミリ、重さは1105グラム。持ち手付き。単2形アルカリ乾電池×3本で約4時間連続駆動する。

 3〜4歳の男女をメインターゲットとし、全国の玩具店で販売する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.