ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年05月19日 09時38分 UPDATE

Android対応の「Pepper」7月発売へ “数十万人の開発者”を取り込み「Pepperをプラットフォーム化」

ソフトバンクロボティクスは、Androidに対応した「Pepper」を7月に発売する。その理由は?

[太田智美,ITmedia]

 ソフトバンクロボティクスは5月19日、Androidに対応した「Pepper」(開発者向けモデル)を7月に先行販売すると発表した。それに先立ち、Androidのプラットフォーム上でPepperのアプリケーション開発が可能になる新しいSDK「Pepper SDK for Android Studio」のベータ版を5月19日より無償配布する。従来のSDK「Choregraphe」(コレグラフ)も引き続き提供。「Choregraphe」で開発したロボアプリは、Androidに対応したPepperでも利用可能だ。


Android対応の新型「Pepper」 Android対応の新型「Pepper」(デモ機)

 新型Pepperは、ディスプレイ部分にAndroid OSを搭載し、ロボット向けOS「NAOqi」と連携させることでAndroid対応を実現。本体価格はこれまでのPepperと同様19万8000円。「Pepper 基本プラン」(1万1800円×36カ月)と「Pepper 保険パック」(9800円×36カ月)が付いて3年間総額97万5600円となる。

 これまでに販売された「Pepper」(デベロッパーモデル/一般販売モデル)も、一部ハードウェアとソフトウェアのアップデートによって対応できる。iOSアプリ開発ツールへの対応は現時点では未定だという。


Android対応の新型「Pepper」 現在開催中の「Google I/O 2016」にて、数時間後にPepperとAndroidのセッションを行う予定だという



Android対応の新型「Pepper」

 筆者の「Google Play的には何のデバイスとして認識されることになるか?」という質問に対し、ソフトバンクロボティクスの蓮実一隆さんは「それについては現在調整事項」としつつ、Pepper向けAndroidアプリは一般的なスマートフォンとは違うカテゴリーになる可能性があるとした。

 今回の発表は、Pepperのアプリケーション開発者を増やすための施策と言っていい。ソフトバンクロボティクスによれば、現在Choregrapheを使った開発者が数千人であるのに対し、Androidでの開発者は数十万人。多くの開発者に対して門戸を広げ、「Pepperのプラットフォーム化を進める」(同社)としている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.