ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年05月19日 14時31分 UPDATE

「AndroidアプリをChrome OSに」セッションが一時的に表示される

「Google I/O 2016」のスケジュールページに「Bring Your Android App to Chrome OS」というセッションが表示された。その後タイトルと概要が変更されたが、AndroidアプリをChromebookで使えるようにする取り組みについての内容のようだ。

[ITmedia]

 米Googleが、年次開発者会議「Google I/O 2016」のスケジュールサイトで、一時的に「Bring Your Android App to Chrome OS」(あなたのAndroidアプリをChrome OSにもっていこう)というタイトルのセッションを表示した。米Android Central米9TO5Googleなど複数のメディアがこれを紹介したが、数時間後にはタイトルが「Optimizing Android apps for productivity」に変更された。

 chrome 1 9TO5Googleの記事

 旧タイトルのセッションの概要には「このセッションであなたのAndroidアプリをChrome OS向けにしてみよう」とあり、先着50人に無料でChromebookを1台プレゼントすると書かれていたという。

 現在は、現地時間の19日午後4時から予定されているこのセッションのタイトルは「Androidアプリを生産性のために最適化する」というタイトルになっており、概要には「キーボードとトラックパッドのサポートを含む新機能にあなたのアプリを最適化してみよう」と書かれている。Chromebookという言葉は消えているものの、セッションの内容は変わらないようだ。

 chrome 2 現在のセッション概要

 Chromeについては何度かAndroidと統合するのではないかといううわさが浮上し、そのたびにGoogleは否定してきた。

 残念ながらこのセッションのライブストリーム予定はないが、明日にも公式ブログなどで発表があるかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング