ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年05月30日 19時06分 UPDATE

「危ない!」の瞬間、スローモーションに見える――は本当だった 千葉大研究

交通事故など、危険を感じた瞬間、周囲がスローモーションに見える――そんな現象が本当に起こるとする研究成果を千葉大が発表した。

[ITmedia]

 交通事故など「危ない!」と感じた瞬間には、周囲の風景がスローモーションに見える――そんな現象が本当に起こるとする研究成果を千葉大学が発表した。危険を感じた時は視覚の処理能力が通常よりも高まり、事態がスローモーションのように感じることを確認したという。

photo 視覚の処理能力を測る実験

 危険や安全の印象を与えるカラーの画像を24枚用意し、それぞれ1秒間表示した後、10〜60ミリ秒の範囲でモノクロ画像に切り替える実験を行った。危険な画像の場合は、モノクロに見えるのに必要な時間が短くなった。これにより、危険な状況では、通常より早く視覚情報を処理できる可能性が分かったという。


photo 実験の結果

 また、0.4〜1.6秒の範囲で各画像を表示し、1秒間の長さを感じるのにかかる時間も測定。危険な画像が見えている時間は、実際より長く感じることを確認した。2つの実験から、危険な状況では物事がスローモーションに見えることを証明したという。

 成果は、日本心理学会が7月1日に発行する国際誌「Japanese Psychological Research」に公開する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.