ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年06月13日 14時42分 UPDATE

メルカリ、2次創作物の公式販売が可能に 売り上げの一部を権利者へ 第1弾はIngress

メルカリが、2次創作物の販売を公式に認める施策を発表。権利者と連携し、売り上げの一部をロイヤルティーとして権利者に支払う。第1弾として「Ingress」関連作品を販売する。

[ITmedia]

 メルカリは6月13日、作品やコンテンツの権利者と連携し、2次創作物の売り上げの一部を権利者にロイヤルティー(版権使用料)として支払うことで、販売を公式に認める施策を発表した。第1弾として位置情報ゲーム「Ingress」関連作品の公式販売を始める。

photo

 作品の権利者と公式に連携し、メルカリを介した2次創作物の流通に対し、限定的なライセンスとロイヤルティーを設定。取引成立時に、出品者が権利者に売り上げの一部からライセンス許諾料を支払う仕組みを用意し、2次創作物の流通プラットフォームとして公式に認める。

photo
photo 「ハンドメイド」カテゴリに「2次創作物」が加わった

 第1弾としてNianticと提携し、「Ingress」の2次創作物の公式販売を解禁した。活発なプレイヤーコミュニティーを持つ同ゲームは、これまでも頒布会などが定期的に開催されている。運営側は、非営利の表現活動はガイドライン上で認めていたが、金銭的対価が発生する場合、営利性の判断が難しかったという。

 新たに設けられる専用カテゴリ「Ingress」への出品商品に対し、通常のメルカリ販売時の手数料10%に加えて、Nianticに支払うロイヤルティー10%を出品者に課す。権利者側が不適切と判断したものに対してはライセンスの取り消し、削除、注意などを行うという。

 同社はこれまでも200以上の権利者と連携し、知的財産権を侵害する商品に対して削除対応などが迅速にできるよう協力体制を築いてきた。権利者とクリエイターの双方が安心して取り引きできる環境を整備し、2次創作の公式流通プラットフォームにできれば――と掲げる。今後、他の権利者との提携も検討していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.