ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年06月24日 06時40分 UPDATE

Boston Dynamics、ガラスのコップをくわえて運べる犬型ロボット「SpotMini」を披露

足蹴にされても踏ん張る犬型ロボット「Spot」の小型版「SpotMini」は、オプションのアーム(首に見える)でものを掴んで運んだり、バナナの皮で滑って転んでも自力で立ち上がれる(動画あり)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Alphabet傘下のロボットベンチャーBoston Dynamicsは6月23日(現地時間)、開発中の犬型ロボット「SpotMini」の動画を公式YouTubeチャンネルで公開した(記事末に転載)。

 spotmini 1 犬型ロボット「SpotMini」。首に見える部分はアームで、脱着可能

 SpotMiniは、足蹴にされても踏ん張る動画で注目を集めた犬型ロボット「Spot」の小型版。体重は55ポンド(約25キロ)と、Spotの約3分の1だ。オプションのアーム(首に見える部分)を装着した場合は65ポンドになる。完全に電動式で1回の充電で90分稼働するという。

 spotmini 2 Spotの股下をくぐれるサイズ

 深度カメラやIMU(慣性計測装置)などの多様なセンサーを搭載し、狭い部屋の中を周囲にぶつからずに歩きまわったり、アームでのマニピュレーション作業が可能だ。YouTube動画では、キッチンでガラスのコップを掴んで食洗機に移したり、コーラの空き缶をゴミ箱に捨てたりする様子が紹介されている。

 sotmini 3 空き缶をくわえてゴミ箱に捨てるSpotMini

 Boston Dynamicsのこれまでのロボット紹介動画で恒例になっている“かわいそうなシーン”は、廊下に落ちているバナナの皮で滑って転んだSpotMiniが、自力で立ち上げるという場面だ。

 spotmini 4 バナナの皮で滑って転ぶSpotMini

 Boston DynamicsはSpotや人型のAtlasなどのロボットを開発しているが、まだ完成製品は世に出ていない。3月にはAlphabetが同社を売却するのではないかといううわさが浮上している。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -