ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年06月30日 11時00分 UPDATE

あなたの知らないプリンタの世界:日本人の“常識”が変わった? 人が行き交う駅の床に貼られた「フロア広告」の秘密 (1/2)

駅やショッピングモールで見る機会が増えてきた、床面に貼られた広告や誘導サイン。日本で普及し始めたのはこの20年ほどのことです。広がる過程で私たちの「常識」にも意外な変化が……?

[霄洋明(日本HP),ITmedia]

 至るところに広告が目につく駅やショッピングモール。床面にペタリと貼り付けられ、見下ろすようなものが増えているような気がしませんか? 「フロア広告」と呼ばれるこのスタイルが広がったのはここ20年ほどのこと。21世紀の日本人の“常識”の変化も見ることができるのです。

photo 駅やショッピングモールで見かけるようになってきたフロア広告や誘導サイン。ここから見える日本人の変化とは

十数年前は批判の嵐!

 フロア広告とは、大型のデジタル印刷技術が発達してきた1990年代から欧米で発展してきた手法です。それ以前は、図案入りのタイルや横断歩道の白線と同じ塗料などが使われていました。駅の改札口近辺やアミューズメント施設やショッピングセンターの入り口など、広告だけでなく、道案内や催事の告知にも使われています。歩く人の身体の向きに合わせて方向をダイレクトに指し示すことができ、便利で親切なアイテムですね。

photo 欧米を中心に発展してきたフロア広告
photo 改札前など人が行き交う場所でアピール

 だんだん見慣れてきたこのスタイルですが、実は今から十数年ほど前の日本ではクレームや批判の嵐でした。渋谷の街を彩る広告を取り上げた回でもご紹介しましたが、多くの屋外広告はシールやステッカー素材を貼り付ける掲出タイプがほとんど。ステッカー素材のクレームとして多いものとして「めくれて剥がれてきてみっともない!」があります。フロア広告の場合、プラスして「通行人が転んだりしたら大変」という指摘も考えられるでしょうか。

 ――実際は、全く異なる角度の問題、日本人の文化や習慣によるものでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.