ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年07月07日 11時43分 UPDATE

悪玉菌の増殖だけを抑える物質が判明 腸炎治療に応用へ

マウスの腸内にある「W27抗体」という物質が悪玉菌の増殖を抑えることが分かったと、奈良先端科学技術大学院大学が発表した。

[ITmedia]

 奈良先端科学技術大学院大学はこのほど、マウスの腸内にある「W27抗体」という物質が、大腸菌などのいわゆる“悪玉菌”の増殖を抑えることが分かったと発表した。腸炎などの予防法や治療薬の開発につながる可能性があるという。

photo (左図)W27抗体は細菌の形を識別し、悪玉菌だけを攻撃。(右図)W27抗体と細菌を混合して培養すると、大腸菌の増殖が抑えられた

 マウスの腸内から取り出したさまざまな抗体を調べたところ、W27抗体に腸炎を抑える効果があると判明。同物質は、ある特定のアミノ酸配列を持つ代謝酵素を識別して結合することで、ビフィズス菌や乳酸菌といった“善玉菌”の増殖を妨げずに悪玉菌だけの増殖を抑制。全体として善玉菌が悪玉菌より優位になる環境を作り出し、腸内環境を改善する効果がみられた。

photo 腸炎を起こしたマウスにW27抗体を投与したところ、腸内環境が改善した

 腸内細菌環境の改善により、腸炎だけではなくさまざまな病気の予防や治療につながることが期待できるとしている。研究成果は科学誌「Nature Microbiology」(電子版)に7月4日付(英国時間)で掲載された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.