ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年07月15日 10時18分 UPDATE

「ひとみ」後継機、JAXAが計画明らかに 2020年の打ち上げ目指す

JAXAがX線天文衛星「ひとみ」の後継機を打ち上げる計画を明らかに。文部科学省が内容を精査し、2020年の打ち上げを目指す。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月14日、運用を断念したX線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げる計画を、文部科学省の審議会で明らかにした。同省が計画を精査し、関連費を17年度予算の概算要求に含めるか検討するという。

photo X線天文衛星「ひとみ」

 ひとみは、X線を専門に観測する衛星として2月に打ち上げられたが、姿勢制御中に操作を誤って高速回転させて分解し、JAXAが4月に運用を断念した。ただ、故障前の試験観測では、銀河団のガスの動きを世界で初めて観測するなどの成果を挙げていた。

 JAXAは「(ひとみは)世界唯一の大型X線天文衛星としての活躍が期待されていた」と強調。同様の衛星は、28年に欧州主導で打ち上げ予定の「Athena」までなく、「X線天文学の最も重要な部分が空白期となる」とし、20年には後継機を打ち上げたい考えだという。

photo 銀河団のガスの動きを世界で初めて観測するなどの成果を挙げていた(JAXAのニュースリリースより)
photo 次の大型X線天文衛星は「Athena」(28年打ち上げ予定)までなく「空白期が生まれる」という

 後継機には、試験観測の成果がよかった「軟X線」と呼ばれる波長の観測機器を中心に搭載。開発期間の短縮などの観点から従来の設計を基本的に踏襲するが、事故の再発を防ぐために、ソフトウェアや運用体制の見直しを行うとしている。

photo 後継機の概要
photo 事故の再発を防ぐ取り組みも

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.