ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年07月22日 07時49分 UPDATE

Facebook、ネット接続用無人機「Aquila」の初テストフライトが成功(動画あり)

Facebookの“残りの40億人のためのネット網”構想の一環であるインターネット接続用無人機「Aquila」の実機の初テストフライトがアリゾナ州ユマで行われ、96分間の飛行に成功した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは7月21日(現地時間)、次世代インターネット構築に取り組む同社研究所Connectivity Labが開発した無人機「Aquila」(「わし座」という意味)の初のテスト飛行が成功したと発表した。

 テスト飛行は6月28日の夜明け前から、アリゾナ州ユマで実施された。当初は30分のフライトの予定だったが、状態が良かったため、96分に延長したという。

 aquila 1

 Aquilaの翼幅はボーイング737より長いが、重量は一般的な電気自動車の3分の1以下という。翼の表面を覆う太陽電池板で稼働し、上空6万〜9万フィート(1フィート=約30センチ)に1カ月滞在できるとしている。翼前方の数カ所にプロペラが付いており、中央にはレーザー発信装置が取り付けられている。

 aquila 2 Aquilaの概要

 同社はこのプロジェクトを2年前に立ち上げ、過去数カ月間、5分の1サイズのテスト機の飛行でデータを収集してきた。少なくとも向こう1年間は実機でより速く、高く、長く飛行するテストを繰り返し、改良を加えていくとしている。

 aquila 3 離陸の瞬間

 Aquilaは、マーク・ザッカーバーグCEOが提唱する「残りの40億人にインターネット接続を提供する」という目標の一環として立ち上げたプロジェクト。上空6万〜9万フィート(1フィート=約30センチ)に滞在するAauilaのレーザー発信装置から地上のレーザー受信装置にレーザーを送ることで、通常の方法ではインターネット網の構築が困難な地位にインターネット環境を提供するという構想だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.