ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2016年09月01日 07時50分 UPDATE

「つながる」レンタカーに残る個人情報――米当局が利用者に注意喚起

米FTCによると、レンタカーでナビゲーションなどの機能を使ったり、自分のスマートフォンを接続したりすれば、個人情報が車のシステムに保存されて他人に見られる恐れもある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 「つながるクルマ」のレンタカーでナビゲーションなどの機能を使ったり、自分のスマートフォンを接続したりすれば、個人情報が車のシステムに保存されて他人に見られる恐れもある――。米連邦取引委員会(FTC)がそう指摘して消費者に注意を呼び掛けている。

レンタカーにまつわる情報セキュリティに警鐘を鳴らすFTC

 つながるクルマの車載システムではGPSやハンズフリー通話、メール、音楽、Web閲覧などの機能が利用できる。しかしFTCによると、レンタカーでこうした機能を使えば個人情報が車のシステムに保存される可能性もあり、例えば、GPSで入力した内容や、レンタカーで出かけた職場や自宅などの位置情報が、車を返却した後も保存されている可能性があるという。

 自分のモバイル端末を接続した場合は、電話番号や通話やメールのログ、場合によっては連絡先やメールの内容まで保存されることもあり、車を返却する前に消去しなければ他人に見られる恐れもあるとしている。

 こうした個人情報の流出を防ぐために、FTCではレンタカーの利用者に以下のような対策を呼び掛けた。

  • 携帯電話などを充電する目的で車載情報システムに接続するのは避け、車のUSBポートではなくシガーソケットを使って充電する
  • 車に自分の端末を接続する場合は、情報システムの画面に表示される内容を確認して、不要と思われる情報へのアクセスは許可しない
  • 車を返却する前に情報システムの設定メニューから接続されたデバイスの一覧を表示し、自分のデバイスを削除する
FTCの啓発ビデオ。レンタカーに限らず日常生活では次々に個人情報が共有されるリスクにさらされていることを紹介

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.