ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2016年09月06日 07時15分 UPDATE

Linux関連サイトのハッキングでプログラマー逮捕、FBIが5年がかりで捜査

2011年にLinuxカーネルのソースコード管理サイト「kernel.org」などが不正アクセスされた事件で、プログラマーの男が米フロリダ州で逮捕された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 2011年に相次いで発生したLinux関連サイトのハッキング事件に関連して、フロリダ州在住のコンピュータプログラマーの男がこのほど同州内で逮捕された。

 米司法省の発表によると、逮捕されたのはプログラマーのドナルド・ライアン・オースティン容疑者(27)。Linux Kernel Organizationが運営するLinuxカーネルのソースコード管理サイト「kernel.org」や、Linux Foundationが運営する関連サイトをハッキングした疑いで、8月28日に逮捕された。

容疑者逮捕を明らかしたFBI

 米連邦捜査局(FBI)などの調べによると、オースティン容疑者はLinux Kernel Organization関係者のログイン情報を使って、ベイエリアにあるサーバ4台に不正アクセスし、rootkitやトロイの木馬などのマルウェアをインストールしたり、サーバの設定を変更したりして損害を発生させたとされる。

 同容疑者はフロリダ州マイアミの裁判所に出廷し、保釈金5万ドルを払って保釈された。有罪になれば10年以下の禁錮と25万ドル以下の罰金などを言い渡される可能性がある。

 この事件では、2011年8月から9月にかけてLinux関連サイトが相次ぎ不正アクセスされてダウンした。FBIは5年がかりで捜査を進めていた。

現在のkernel.org

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.