ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月07日 11時39分 UPDATE

Pokemon GOプレイヤーは24% やめる理由は「バッテリーがなくなる」――MMD研究所調べ

MMD研究所がまとめた「Pokemon GO」利用実態調査で、現在遊んでいる人は24.2%という結果に。やめた理由には「バッテリーがなくなる」などが挙がった。

[ITmedia]

 「Pokemon GO」を現在遊んでいる人は24.2%――MMD研究所は9月6日、8月時点のPokemon GO利用実態調査の結果を発表した。

 調査は8月19〜26日にかけ、15〜69歳の男女2190人にWebアンケートで実施した。Pokemon GOを遊んだことがあるかを聞いたところ、「現在プレイしている」が24.2%、「過去にプレイしていた」が13.5%を占め、合わせて37.7%が遊んだ経験があった。

photo

 1度でも遊んだことがある人にプレイ期間を聞いたところ、調査時点では、最長の「〜5週間程度」が21.9%と最多だった。プレイ状況別に見ると、現在も遊んでいる人は「〜5週間程度」(31.3%)が最も多かったが、過去に遊んでいた人の場合は「〜3日程度」(39.0%)が最も多く、3日以内にやめてしまった人が多いことが分かった。

photo
photo

 過去にプレイしていた人にやめた理由を聞いたところ「バッテリーがなくなる」(42.0%)、「自宅でできることがあまりない」(38.3%)、「同じことの繰り返し」(37.6%)などが上位に挙がっていた。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -