ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年08月06日 08時22分 UPDATE

「Pokemon GO」効果でモバイルバッテリー出荷が倍増──米NPD調べ

GPSやAR技術の採用で電力消費が激しい「Pokemon GO」の人気を反映し、米国では同ゲーム発売後2週間のモバイルバッテリー出荷台数が前年同期間の101%増の120万台に上ったと米調査会社のNPDが報告した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「Pokemon GO」発売(米国では7月6日)後の2週間、米国におけるモバイルバッテリーの出荷台数が前年同期間の約2倍(101%増)の120万台に上った──。米調査会社のNPDは8月4日(現地時間)、このような調査結果を発表した。

 pokemon

 同社によると、Pokemon GO発売前の6週間のモバイルバッテリー出荷台数は、前年同期間のわずか4%増だった。

 battery バッテリーセーバー機能(Android版)

 Pokemon GOは、GPSの位置情報、モーションセンサー、AR(拡張現実)機能などを採用したゲームで、電力消費が激しい。NPDは「消費者は、余分な電力消費を補う方法として、モバイルバッテリーパックを購入している」と説明した。

 Pokemon GOは、米国では配信開始から1週間でピークを超えたとも言われているが、米国のモバイルゲーム史上最大のゲームとなり、ゲーム内販売による売上高は1日当たり1000万ドル(約10億円)とみられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.