ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年09月07日 12時56分 UPDATE

JR東日本、新型ホームドアを導入 低コストで工期も短縮

JR東日本が横浜線町田駅に新型ホームドア導入。従来型と比べて開口部が広くなるほか、コスト削減や工期短縮にもつながるという。

[ITmedia]

 JR東日本は9月6日、従来のホームドアよりも開口部が広い新型のホームドアを、JR横浜線町田駅に2016年内に設置すると発表した。既存ホームドアと比べて内部機構を簡素化し、コスト削減や工期短縮につながるという。

photo 新型ホームドアのイメージ

 新型のホームドアは、扉が左右にスライドして開閉するタイプ。開口部が2.8メートルと従来型よりも広くしたほか、強度はそのままに構造を簡素化した。

 まずは16年内をめどに、横浜線町田駅4番線ホームに1両分のドアを設置する予定。16年度末までに同駅に8両分のドアを設けるとしている。

photo 町田駅4番線ホーム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.