ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年09月07日 14時44分 UPDATE

コインランドリー利用状況をビッグデータ分析、新サービス開発へ MSとアクアが協業

アクアと日本マイクロソフトが協業。業務用コインランドリーの利用状況を分析し、新サービス開発に乗り出す。

[山口恵祐,ITmedia]

 中国Haier子会社のアクアと日本マイクロソフトは9月7日、家電とクラウドを組み合わせたIoT(Internet of Things)サービスの開発で協業すると発表した。第1弾として、業務用コインランドリー機器のIoT対応を促進し、取得する大量データの分析を通じて新サービスの開発、提供を目指す。

photo アクア日本代表の山口仁史執行役員(左)と日本マイクロソフトの平野社長(右)

 アクアは現在、業務用コインランドリーシステムを全国1252店舗で展開し、それらの稼働状況は同社のプライベートクラウド上で管理している。協業を通じ、2017年に新店舗「AQUAクラウドITランドリー」(仮称)を開業。コインランドリーの稼働状況、売り上げ、故障といった情報をリアルタイムでパブリッククラウド「Microsoft Azure」上に蓄積、分析し、新サービスの開発につなげるという。

photo

 同社はこれまでも、コインラインドリー空き状況のネット確認や洗濯終了の連絡メールなどのサービスを提供してきた。今後は「よく使われる洗濯コース」などのデータを生かした新サービス開発に取り組む。地図サービスやSNS、電子マネー、各種ポイントサービスとの連携も視野に入れるという。

 アクア日本代表の山口仁史執行役員は「ビッグデータからユーザーの潜在的ニーズを拾い、これまでにない顧客重視のサービスを開発していきたい」と話す。単純なプライベートクラウドからMicrosoft Azureへの移行ではなく、新サービス開発が狙いだと強調した。

 日本マイクロソフトの平野社長は「以前からデジタルトランスメーションをテーマとしてきたが、今回の提携で製品やサービスを次のレベルに上げていきたい。家電のデジタル化を超えてサービスモデルの変革というところでは象徴的なものになる」と話している。

 アクアは今回の業務用コインランドリーを皮切りに、家電でのIoT活用も検討するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.