ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年09月09日 11時51分 UPDATE

DMM、18歳未満出演の「イメージビデオ」取り扱い停止

「児童ポルノと疑われる動画を配信している」と人権団体から名指しで指摘を受け、DMMは18歳未満が出演する「イメージビデオ」の配信を停止したと発表した。

[ITmedia]

 「児童ポルノと疑われる動画を配信している」と人権団体から名指しで指摘を受けたDMMは9月7日、18歳未満が出演する「イメージビデオ」の配信を同日までに停止したと発表した。18歳未満が出演するアダルトビデオ(AV)は「従来から一切扱っていない」と説明している。

画像 DMMの発表文

 人権団体のヒューマンライツ・ナウが5日、国内の児童ポルノ販売状況を調査した報告書で、DMMについて「児童ポルノと疑われる作品を配信している」と、具体的な作品名をあげて指摘した。

 DMMは7日の発表で、AVについては「従来から18歳未満が出演する作品は一切取り扱わっていない」とコメント。一方、アイドルやタレントなどを被写体としたAVではない紹介映像「イメージビデオ」は、同社独自の倫理基準に合格したものは、18歳未満が出演する商品も扱っていたという。

 同社は「昨今の業界全体の流れを受けてイメージビデオ取扱い基準を見直し、18歳未満が出演する商品は、性的な描写がない場合でも取扱いの停止を独自に進めている最中」だっと説明。そんな中「偶然このような形で当社が取り上げられたので、取り組みの進行を急きょ早める」形で、9月7日から、18歳未満が出演するイメージビデオの取扱いをすべて停止したという。

 同社は「問題の根絶さらには業界全体の健全化を目指し、販売店として対応を引き続き行う」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.