ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月13日 13時34分 UPDATE

アニメキャラの音声案内で「聖地巡礼」? バンナム、位置情報と音声データを連携「ブラメディア」開発

スマホの位置情報と連動し、その場所に応じた音声データが聞ける技術「ブラメディア」を、バンダイナムコエンターテインメントが開発。

[片渕陽平,ITmedia]

 バンダイナムコエンターテインメントは9月13日、スマートフォンの位置情報に基づき、その場所に応じた音声データを提供する技術「ブラメディア」を開発したと発表した。アニメのゆかりの地を巡る、いわゆる「聖地巡礼」をするときに、アニメキャラクターの声で案内してもらうなどの活用を検討しているという。

photo ブラメディア

 街中を歩きながら、スマホの位置情報に連動して、その場所に関連した音声を聞けるサービス。アニメキャラクターの音声ガイダンスに従って「聖地巡礼」が楽しめたり、タレントとバーチャルデートをしたりなどの展開を予定する。「画面を見ずとも、耳から音声として情報が入ってくる点に新しさがある」(同社)という。

photo アニメ「ドリフェス!」と連携 (c)BNP/BANDAI, DF PROJECT

 店舗や観光名所に近づくと、キャラクターが「この辺に美味しいカレー屋があるよ」「少し歩くと夕日がきれいな丘があるよ」などと話し掛けて、ユーザーを誘導――というように、地方自治体の観光案内や広告としても活用を見込む。コンテンツを一方的に提供するだけでなく、ユーザー自らが音声データを作成し、その位置に投稿できる仕組みも用意するとしている。

 同技術を活用し、アニメ「ドリフェス!」と連携したロケーションテスト(池袋サンシャインシティ、10月1日)も実施する予定。イベントの詳細は、同作の公式サイトで告知するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.