ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月14日 11時10分 UPDATE

Evernote、ユーザーデータを「Google Cloud Platform」に移行へ

Evernoteが、これまで自社の仮想サーバに保存していたユーザーデータを、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」に移行すると発表した。10月に作業を開始し、年内に完了する見込み。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Evernoteは9月13日(現地時間)、これまで自社サーバに保管してきたユーザーデータを、米Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の仮想サーバに移行する計画を発表した。

 10月10日から作業を開始し、2016年の年末までに完了する見込み。移行作業中にユーザーに影響が出ることはほとんどないが、30分以内のサービス一時停止を2回行うとしている。

 evernote 1

 Evernoteはこれまで、自社サーバおよびネットワークですべての設定と保守を行うことで思い通りのサービス構築が可能だったが、その半面、維持費が割高で、アップグレードに時間がかかり、拡張性も低かったと説明。サービス運用での柔軟性を高めるために、複数のクラウドサービスを検討した結果、Google Cloud Platformを選んだとしている。

 世界最大の音楽ストリーミングサービスであるスウェーデンSpotifyも2月、Google Cloud Platformへの移行を発表した。

 米AppleもiCloudで、Google Cloud Platformを自社データセンター、AWS、米MicrosoftのAzureと併用する契約を結んだとうわさされている。

 evernote 2 Google Cloud Platformのメリット

 Google Cloud Platformへの移行についての日本語のQ&Aページはこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.