ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月14日 15時24分 UPDATE

印鑑不要 口座開設から窓口・ATM取引まで「手のひら認証」で 大垣共立銀行が来春スタート

印鑑の代わりに手のひら静脈認証を行い、口座開設や窓口・ATM取引が使えるサービスを大垣共立銀行が2017年春に始める。

[ITmedia]

 大垣共立銀行は9月14日、手のひら静脈認証を用い、印鑑なしで口座開設から窓口、ATM取引までを利用できるサービスを2017年春に始めると発表した。インターネットバンキングと組み合わせれば、通帳やキャッシュカードの発行も不要になるという。

photo 12年9月に手のひら認証のサービス「ピピット」を始めている(大垣共立銀行のサイトより)

 同行は12年9月に「災害時には身体ひとつで避難してもらいたい」との考えから、手のひら認証だけでATM取引できるサービス「ピピット」をスタート。今回新たに、印鑑なしで口座を開設でき、窓口取引も手のひら認証で行えるサービスを始める。預金取引だけでなく、投資信託など預り資産の取引も印鑑なしで利用できるようにする。

photo サービスの概要

 ネットバンキングサービス「スーパーOKダイレクト」と手のひら認証を組み合わせれば、通帳を発行せずに使える「無通帳型総合口座」(OKBピピット口座)も開設できる。印鑑なしで口座開設や取引ができるほか、キャッシュカードの発行有無を選べるため、印鑑、通帳、キャッシュカードなしの預金口座も作れるという。

 印鑑を使わない口座開設や取引は他行でも広がりつつある。三菱東京UFJ銀行は16年9月、スマートフォンアプリで預金口座を開設できるサービスを開始。りそな銀行は19年3月末までに指静脈認証で口座開設できるサービスを全店舗に拡大するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.