ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2016年06月20日 11時33分 公開

スマホでATM入出金 セブン銀が来春から まずじぶん銀向けに

キャッシュカードを使わずスマートフォンを使ってATMに入出金できるサービスを、セブン銀行が提携行のユーザー向けに提供する。まずじぶん銀行向けに来春からスタート。

[ITmedia]

 セブン銀行は6月20日、キャッシュカードを使わずスマートフォンを使ってATMに入出金できるサービスを、提携行のユーザー向けに提供すると発表した。まずじぶん銀行向けに来春から提供。ほかの提携先も活用を検討しており、今後、導入企業が拡大するという。

画像

 全国に2万2000台以上あるすべてのセブン銀ATMで来春から、じぶん銀行の入出金が可能になる。銀行取引アプリから利用でき、特別なアプリや利用登録など不要だ。ICカード利用時と同水準のセキュリティを確保したという。iOS/Androidに対応する。

 ATMから出金する場合の操作は、(1)銀行取引アプリを起動し、「ATMボタン」をタップ、(2)出金する金額を選ぶと、カメラが起動、(3)ATMの「取引開始」ボタンを押し、ATM画面に表示されたQRコードをカメラで撮影、(4)スマートフォンに番号と暗証番号が表示、(5)番号と暗証番号をATMに入力する、(5)ATMから出金された紙幣を受け取る――という流れだ。

 スマートフォンを活用したATM取引は、国内でも自社ユーザー向けに提供している例があるが、提携先のユーザーに開放するのは同社が国内初という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.